【更新】 Jazz-Bunraku 涅槃(Ne-han)に行った猫 (The Cat Who Went to Heaven)

Jazz-Bunraku 涅槃(Ne-han)に行った猫 (The Cat Who Went to Heaven)

1930年代のベストセラーアメリカ児童文学 ‘The Cat Who Went to Heaven’をベテランジャズシンガー、Nancy Harrowがミュージカル化、2007年ブロードウェイ初演作品。

新型コロナ感染症蔓延により、2021年3月公演が中止となったため・・・

2022年2月/3月 横浜・小田原にて初演決定!

  • Jazzと人形浄瑠璃の融合!
  • ブロードウェイ演出家 Will Pomerantz と 日本の人形芝居劇団「下中座」(重要無形民俗文化財指定)とのコラボレーション!
  • Jazz音楽、英語の歌・ナレーション、日本語字幕付きで上演!

Jazz-Bunraku 涅槃(Ne-han)に行った猫
(The Cat Who Went to Heaven)
公演情報

<日時・会場>
  1. 2022年2月27日(日)
    開場:13:00 開演:13:30
    会場:神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール(神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘9-1、Tel: 045-263-4400)
  2. 2022年3月6日(日)
    開場:13:00 開演:13:30
    会場:小田原 三の丸ホール(神奈川県小田原市本町1-7-50、Tel: 0465-20-4152)
<入場料>
  • 一般 :2,500円
  • シニア(65歳以上) /学生:2,000円
  • 小学生以下:1,000円 
<あらすじ>

貧しい絵師がいた。なけなしの金を渡して買い物に行かせたお手伝いは、食べ物の代わりに猫を連れて帰ってくる。初めは怒っていた絵師だが、その愛らしさに心をほぐし、「福」と名付けて可愛がる。
そんなある日、絵師は寺の住職から「涅槃図」を描いて欲しいと頼まれる。やっと貧しさから抜けられる、と喜んだのも束の間、「涅槃図」の中に猫はいなかった事に気づく。猫はその尊大さから、許されざるものとして排除されているのだ。絵師のそばで仕事をじっと見守る「福」。しかし、待てど暮らせど猫が描き入れられる様子はない。哀しみ、日々痩せ衰えて行く「福」を見て、絵師は涅槃図に猫を描いてやろうと決断する。しかし・・・

※ ほとんどの仏教寺院は秘蔵の涅槃図を「涅槃会」に一斉公開するが、「猫入り」が確認されたのはこれまでに十例ほどしかない。

日・米制作陣と人形作家との間で6ヶ月にわたる協議と3回の試作を経て漸く完成した主役の猫人形 「福」の表情と動きに注目!

<必見!!>
  • 人形浄瑠璃・文楽・古典芸能 愛好家 
  • 猫、Jazz、英米文学 愛好家  
  • 英語を勉強中の皆さん、在日外国人の皆さん
  • 古典芸能を「とっつきにくい」と感じていた皆さん…ほか
<演目>
第一部 アーティスト トーク

ナンシー ハーロウ (作詞・作曲・脚色)
林 美禰子 (下中座 座長)
ウィル ポメランツ (演出)

第二部 涅槃に行った猫 上演 Part 2

(日本語字幕付き)

第三部 ワークショップ

1 時代物 上演
「伽羅先代萩(メイボクセンダイハギ)政岡 忠義の段」
(英語字幕付き)

2 人形解説
人形体験

お問い合わせ

オフィスサンマリー ホームページの「お問い合わせ」又は
e-mail: nirvanacat2020@gmail.com
までお願いいたします。